ゲーム

中国のeスポーツユーザーの約4割は大学本科以上の学歴を持っている

6月16日、海南省海口市にて「2021年全球電競運動領袖峰会(2021年グローバルeスポーツサミット)」が開催され、企鵝智庫、騰訊電競、『電子競技』雑誌が共同で「2021版中国電競運動業界発展報告(2021版中国eスポーツ業界発展報告)」を発表した。

中国eスポーツユーザー調査によると、男性と若い人がeスポーツユーザーの多数を占めている。eスポーツユーザーの学歴は全体的に高く、大学本科及びそれ以上の学歴が39.1%を占め、月収分布は3001-8000人民元の区間に集中している。

報告によると、中国のeスポーツユーザーの成長率は鈍化する傾向にあり、2021年には4.25億人に達すると予想されている。海外進出に注力するのは、中国のeスポーツを発展させるための必然的な選択となっている。

現在では、すでに中国は世界のeスポーツ産業にとって最大の市場となっており、eスポーツにおけるコアな観客の数および大会の収益は、世界第1位となっている。

報告によると、2021年には世界のeスポーツの観客は4.74億人に増え、世界のeスポーツの収益規模は10.84億に達するという。

2021年、中国がeスポーツのコアファンが最も多い地域となっていて、その数が9280万人に達していて、次にアメリカとブラジルが続いている。

また、eスポーツのユーザーのうち、女性の割合はここ三年間で30%から39%に増加し、性別による割合の差は縮小している。25歳以下の若年層と45歳以上の高齢層のユーザーが増加し、より全年齢のユーザーをカバーするようになった。四線以下の都市のeスポーツユーザー数は年々増加しており、そのポテンシャルが徐々に現れている。

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5