ゲーム

中国が未成年者のオンラインゲーム依存問題に関する最初の処罰を下す

9月14日、中国で未成年者がオンラインゲームに依存する問題に対して、国家文化市場における「最初の事件」が調査され、処罰されたとの事。北京市文化市場綜合執法総隊が発表した情報によると、14日に北京の某情報技術会社が、自社のゲームプラットフォームを通じて未成年者にゲームサービスを違法に提供したとの事。総隊は法律に基づいて同社に警告し、会社に罰金10万元、そして直接責任を負う管理担当者に罰金1万元の行政処罰を下した。

新たに改正された「中華人民共和国未成年者保護法」と、国家新聞出版署が発布した『管理の一層の厳格化による未成年者のオンラインゲーム依存を適切に防止する通知』に基づき、未成年者のオンラインゲーム依存症防止のための特別チームが設置され、特別な取締りが行われた。

8月21日、総隊は取締り検査を実施している過程で、北京の某情報技術会社が自社のゲームプラットフォームを通じて未成年者にオンラインゲームサービスを提供した疑いがある事を発見し、同社に対して調査を行った。調査の結果、当該プラットフォームは6本のブラウザゲームを運営しており、毎日夜22時から朝8時までに未成年者にオンラインゲームサービスを提供する行為があった。

総隊の専門班は直ちに事件分析会議を開催し、事件の手がかりを整理し、処理の方針を確定した後に、当該会社の法定代表者と面談し、違法行為を直ちに停止するよう命じた。また、「中華人民共和国未成年者保護法」第127条の規定に基づき、同社に対して行政処罰を下した。

この事件は、宣伝部が全国で分化娯楽分野の特別取締りを開始した後、新たに改正された「中華人民共和国未成年者保護法」に基づき、未成年者のオンラインゲーム依存を防止するための最初の処罰事件であり、未成年者のオンラインゲーム依存症が場当たり的でいい加減なゲーム企業・運営者に対する抑止力・警告となっている。

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5