ゲーム

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は全世界での売上が2億5000万ドルを超え

アメリカの調査会社「SensorTower」社が発表するデータによると、「任天堂株式会社」よりリリースされたスマホゲーム『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、App StoreとGoogle Playにおける全世界での売上合計は2億5000万ドルを超えたとの事。

2017年のリリース以来、ゲームの売上が最も好調だったのは2020年で、「任天堂株式会社」がニンテンドースイッチで『あつまれ どうぶつの森』をリリースすることとコロナによる世界的な流行の影響で、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の人気も高まっていた。2020年、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の売上は7750万ドルに達し、2019年と比べて23.6%増加した。同ゲームの売上が最も好調なのは2020年の5月で、この一ヵ月で840万ドルの売上に達した。更に2020年の4月には、同ゲームは710万回のダウンロードを記録したという。

2021年の11月まで、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の2021年の売上が5150万ドルで、リリースからの累計売上が2億5700万ドルとなっており、「任天堂株式会社」からリリースされたモバイルゲームの中では第2位となっている。『ファイアーエムブレムヒーローズ』9億2960万ドルの累計売上で、トップの座を占めている。第3位は『マリオカート ツアー』で、累計売上は2億4370万ドルだった。

日本は『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の最も売上の高い国であり、合計売上が1億7200万ドルに達し、総売上高の67.3%を占めた。アメリカは第2位で、売上高の約21%を占めるアメリカが第2位で、韓国は第3位で1.8%を占めた。そのうち、App Storeが総売上高の61%を占め、Google Playは1億ドルの売上で39%を占めた。

ダウンロード数では、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が累計6180万回ダウンロードを記録している。アメリカが2040万件でトップの座を占め、全体の33%を占めた。次いでいるのは第2位の日本と第3位のフランスで、それぞれが7.8%と6.3%を占めた。売上と同様に、ダウンロード数はApp Storeが54%と大部分を占め、Google Playが残りの46%を占めたという。

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5