ゲーム

「Sensor Tower」が世界パブリッシャーの売上ランキングを発表し、中国パブリッシャーは合計38社がランクイン

先日、マーケティング調査会社「Sensor Tower」が2022年4月の世界パブリッシャーの売上ランキング及び中国パブリッシャーの売上ランキングを発表した。今回は合計38社の中国会社が世界パブリッシャーの売上ランキングのTOP100にランクインし、合計売上高が23億を超え、ランキング全体の売上高の41.8%を占めたとの事。

「テンセント」が3月29日にリリースしたストラテジーゲーム『重返帝国』が4月の中国iOSスマホゲームベストセラーランキングで9位にランクインした。そして同時期には『Game for Peace』の好調な業績も重なり、「テンセント」の4月におけるモバイルゲームの売上が前月比4%増となった。

「ネットイース」よりリリースされた『ライフアフター』は4月28日で新しいイベントを開催し、当日の売上が一日の売上高で過去最高を記録した。そして同社のゲーム『夢幻西遊』も好調さを見せており、これらの自社ゲームのおかげで、「ネットイース」は4月のモバイルゲームの売上が前月比15%増となった。

4月初めに、「Qookka Entertainment Limited」のゲーム『オリエント·アルカディア』が正式に日本に上陸し、短時間で沢山の好評を博した。その上で、自社のゲーム『三國志 真戦』もずっと好調を維持しており、以上二本のタイトルのおかげで、同社の4月での売上が前月比11%増となり、中国パブリッシャーの売上ランキングで順位を1つ上げて6位となった。

「LONG TECH NETWORK LIMITED」よりリリースされた3本のストラテジーゲーム『ラストシェルター』、『Rise of Empires』、『Last Empire』の売上が大幅に増加し、そのおかげでパブリッシャーである「LONG TECH NETWORK LIMITED」の4月の売上が前月比12%増となり、中国パブリッシャーの売上ランキングで順位を5つ上げて10位にランクインした。

「Moonton」の『モバイルレジェンド:BangBang』は今年一番の大規模イベントを開催し、新しいコスチュームやコラボイベントの登場により注目を集め、そのおかげで同社の4月の売上が前月比19%増となった。更に新たなコスチューム及び特売イベントが予定されており、「TikTok」での宣伝効果と相まって、5月の売上は更に増加すると思われる。

『文明与征服』に続き、そのパブリッシャーである「4399 Network Inc.」は4月中旬に新たなゲームタイトル『秘境伝説:神木遺跡』をリリースし、新規タイトルが好調さを見せているおかげで、同社の4月の売上が前月に比べて11%増加した。

『アークナイツ』及び『『雀魂 -じゃんたま-』の新イベントの開催により、「Yostar」の4月の売上は前月比67%増となり、中国パブリッシャーの売上ランキングの19位にランクインした。

ストラテジータワーディフェンスゲーム『Kingdom Guard』が引き続き欧米市場で好調を維持し、そのパブリッシャーである「Tap4Fun」の4月の売上も前月比10%増となり、過去最高を更新した。

ボードゲーム『Phase 10』及び『UNO!™』が欧米市場で注目を集めているおかげで、パブリッシャーである『Mattel163』の売上が好調となり、再び世界パブリッシャーの売上ランキングのTop100にランクインした。

その他、中国のパブリッシャーである『FriendTimes』、『多益網絡』、『星合互娯』、『波克城市』、『CHUANG COOL ENTERTAINMENT』、『X.D. Network』、『英雄遊戯』等の会社も世界パブリッシャーの売上ランキングのTop100にランクインした。

「ZlonGame」は3月末でリリースしたMMORPG『龍之国物語』が人気ゲームとなり、そのおかげで同社の4月における売上が前月に比べて171%増となり、中国パブリッシャーの売上ランキングの17位に返り咲いた。

スマホゲーム『問道』は6周年記念イベントの開催及び新コスチュームの登場により、そのパブリッシャーである「Leiting Games」の4月の売上が前月比50%増となった。

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5