ゲーム

「HyperGryph」は音楽子会社を設立し、文化娯楽商品や公演に注力

中国の企業情報調査アプリ「天眼査」の情報によると、『アークナイツ』の開発会社である「HyperGryph」は、子会社「上海烏柯塔界限音楽有限公司」を設立したことが明らかになった。関連情報によると、会社の登録資本金は1000万人民元で、「HyperGryph」のCEOである黄一峰が法定代表者で、執行役員およびゼネラルマネージャーを兼任;袁理が監査役を務めている。

関連資料によると、「烏柯塔界限音楽有限公司」の経営範囲には、文化娯楽商品や公演が含まれている。

『アークナイツ』の世界に、「HyperGryph」が設定した架空の音楽出版社——「Monster Siren Record」が存在していて、様々な音楽プラットフォームでホームページおよび自分の公式サイトを持っている。

「Monster Siren Record」はゲームの舞台となるテラ世界における最大の音楽出版社として設定されており、ゲーム内の音楽はこの架空の出版社によりリリースされている。「HyperGryph」はゲームのために、45枚のアルバムを制作しており、その殆どがゲームのストーリーやキャラクターに関連している。

音楽のクオリティは、とても高いです。この前、ゲーム中のキャラクターのテーマ曲『Renegade』がハリウッド・ミュージック​・イン・メディア・アワードにノミネートされたことがある。また、『アークナイツ』のリリース二周年を記念するために、「HyperGryph」は美術設定集を発売しただけでなく、コンサートも開催していて、プレイヤーから大きな反響を得った。

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5