ゲーム

「テンセント」が「カドカワ株式会社」の株式を買収し、資本業務提携契約を締結

「カドカワ株式会社」は10月29日、中国の「テンセント」社と資本業務提携に関する契約を締結したと発表した。

今回の発表によると、「テンセント」側は300億日本円(約17億6000万人民元)を出資して「カドカワ株式会社」の株式の6.86%を取得し、第3位の株主になるとしているとの事。

「カドカワ株式会社」はこの事ついて、「テンセントと漫画アニメ事業に関する資本業務提携契約を結ぶことで、同社のIPを活用したグローバルなメディアアライアンスをさらに推進する事になる」と述べた。

発表した情報によると、今回「テンセント」が「カドカワ株式会社」から486万株を1株あたり6170日本円で買収しており、これは「テンセント」の日本におけるこれまでの最大の取引となっているとの事。今回の取引は、2021年の11月15から26日にかけて、香港にある「テンセント」の完全子会社である「SixJoy」を通じて行われるという。

今回の株式買収について、「テンセント」、「カドカワ株式会社」の両社は共にコメントする事を拒否したという。

「カドカワ株式会社」は、小説やコミックなど年間約5000冊の本を出版しているほか、動画サイト「ニコニコ」を運営しており、「フロムソフトウェア」の親会社でもある。

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5