ゲーム

11月に37社の中国パブリッシャーが、パブリッシャーの世界売上ランキングのTOP100にランクイン

先日、モバイルアプリ調査会社「SensorTower」が、2021年11月の世界のApp StoreとGoogle Playにおける中国のスマホゲームパブリッシャーの売上ランキングを発表した。今回は37社の中国パブリッシャーが世界売上ランキングのTOP100にランクインし、合計売上が22億3000ドルを超え、世界のTOP100のパブリッシャーの総売上高の38.3%を占めた。

新しいガチャの登場とイベントの開催により、11月における『原神』のモバイル版の全世界での売上は前月比95%増の2億700万ドルとなり、それに伴いパブリッシャーである「miHoYo」の売上も76%増となり、中国スマホゲームパブリッシャーの売上ランキングのトップ3にランクインした。昨年9月末にリリースされてから現在まで、『原神』の世界スマホゲーム市場での売上は23億ドルを超え、1日平均の売上は540万ドルを超え、『王者栄耀』と『PUBG Mobile』に次ぐ世界3位の売上を獲得した。

「IGG」社が9月に欧米市場でリリースした放置系ゲーム『Mythic Heroes: Idle RPG』の11月の売上は138%増となり、同社がリリースするゲームの中で売上2位のスマホゲームとなった。日本や韓国ではまだリリースされていないので、今後の更なる展開に注目していきたい。

「朝夕光年」よりリリースされたスマホゲーム『武林閑侠』と『花亦山心之月』が11月にリリースされ、『ワンピース熱血航線』に続く中国スマホゲーム市場での新たな主力タイトルとなった。海外市場では、『ラグナロクX:Next Generation』、『フィギュアストーリー』、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク』等のタイトルのおかげで、朝夕光年は東南アジア、日本などでも事業を拡大している。同社のパブリッシャーとしての11月の売上は前月に比べて15%増となり、売上ランキングの20位にランクインした。

「ONEMT」よりリリースされた新規シミュレーションゲーム『King's Choice』は、11月の売上が前月比30%増となり、同社のパブリッシャーとしての売上では『Revenge of Sultans』に次ぐ第2位のタイトルとなった。

「StarUnion」よりリリースされたシミュレーションゲーム『ザ・アンツ:アンダーグラウンド キングダム』の11月の売上は前月比6%増となり、過去最高の売上を記録した。同社のもう一つのタイトル『Beasts & Puzzles: Awakening』のベータテストも最近で開始された。本ゲームは欧米プレイヤーに人気のある題材や遊び方を採用しており、欧米市場でヒットする新作ゲームとして期待されている。

『捕魚大作戦』と『富豪麻雀』の好調な売上により、「TuYooGames」の11月の売上高は前月比22%増、前年同期比251%増となり、世界のスマホゲームパブリッシャーの売上ランキングで78位、中国のスマホゲームパブリッシャーの売上ランキングで29位となった。

近年では、二次元スマホゲームは中国メーカーの力を入れているコンテンツとなっており、11月にも『アーテリーギア-機動戦姫-』、『Revived Witch』等のいくつかの新規ゲームが海外市場にてリリースされた。

スマホゲームの売上ランキングでは、新しく開催されたイベントのおかげで、「テンセント」の『和平精英』の11月の売上は前月比67%増となり、中国スマホゲームのベストセラーランキングのトップに返り咲いた。

前述の『原神』や『捕魚大作戦』等のゲーム以外にも、「Perfect World」よりリリースされた『夢幻新誅仙』の売上も好調となっており、前月比53%増で19位にランクインした。

更に11月18日にリリースされた『武林閑侠』も好調ぶりを見せており、半月足らずでスマホゲームの売上ランキングの25位にランクインした。

 

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5