ゲーム

株式会社サンリオと中国パブリッシャーの遊道易社、ライセンス事業の提携に合意

日本の株式会社サンリオと中国北京の遊道易社は、中国大陸向けの一部の電子化ライセンス代理事業の提携に合意しました。

サンリオ社には、ハローキティ、メロディ、リトルツインスターズ、ポムポムプリン、クロミなど、世界的に有名なIPを多数保有している。

遊道易社は自社のゲーム業界やIPライセンスの豊富なノウハウを活かし、サンリオ社やトップレベルのゲーム開発者と共に、ゲーム市場を開拓してチャンスを探り、高クオリティなゲームコンテンツやブランド提携の成功事例を作っていきたい。

遊道易社の共同創業者兼共同CEOであるJames LaLonde氏は、今回の事業提携が遊道易社とサンリオ社の双方にとってより良い未来をもたらすと信じていると述べた。

1960年に設立された株式会社サンリオは、世界的に有名なキャラクターブランドのパブリッシャーで、500人以上の自社開発のキャラクターを有している。

遊道易社は2011年11月に設立され、『クロッシーロード』、『Ski Safari』 『空飛ぶ動物園』などのヒットスマホゲームをパブリッシュしただけでなく、ハズブロ社の大中華地区におけるIP電子化ライセンスの独占代理権も獲得している(『トランスフォーマー』、『マイリトルポニー』等のブランドを含む)。

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5