ゲーム

市場調査会社「Niko Partners」が中東と北アフリカのゲーム産業についてのレポートを発表

先日、市場調査会社の「Niko Partners」から発表されたレポートによると、2025年にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプトにおけるゲームユーザーの総数が8580万人に達し、ゲーム産業の総売上高が31億ドルに達すると予測され、中東と北アフリカ地域は既に世界のゲーム産業にとって重要な地域になっているとの事。

同レポートは主にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプトの3000人のプレイヤーを対象に調査したもので、データによると、これらの地域の2021の売上高は17億6000万ドルで、2025年には31億4000万ドルに増加し、成長率は13.8になると予測されている。サウジアラビアだけでも、2021のゲーム市場の総売上高が10億ドルに達し、プレイヤーの数は6532万人に達し、2025年には8576万人になると予測されている。

サウジアラビアは中東、北アフリカ地域のアラビア語圏のゲーム大国であり、その人口規模と高い購買力はゲーム産業発展の基盤を築いている。アラブ首長国連邦はアラビア語を公用語としているが、人口は主に外国人である。エジプトは新興のゲーム市場であり、活発で競争力のあるゲームコミュニティを有しており、同地域の最大のゲーム市場でもある。

同地域の人口の半数近くは25歳以下であり、彼らはデジタル時代を受け入れやすく、ゲームは彼らの娯楽の不可欠な一部となっている。

政府もゲーム産業を支援しており、サウジアラビアやアラブ首長国連邦ではゲームのローカライズや開発、世界の有名ゲーム会社による新しいスタジオの開設、大規模なeスポーツイベントの開催を奨励する政策を打ち出している。

「Niko Partners」のシニアアナリストである「Daniel Ahmad」氏によると、中東、北アフリカ地域のゲーム開発の規模が小さく、市場が分散しているため、言語や文化の壁はある程度無視されてきたが、間もなくゲーム産業にとって重要なチャンスになるという。

「eスポーツは中東と北アフリカ地域で勢いよく発展しており、ゲーム産業を牽引する重要なコンテンツとなっていて、サウジアラビアはeスポーツを2030年までの発展計画にも組み込んでいる」

「Daniel Ahmad」氏によると、コンシューマーゲーム産業は同地域で主要な成長産業で、スマホゲーム産業が最大の産業であると指摘している。これは主にスマートフォンの普及、多数の無料ゲームがリリースされ及びアラブ首長国連邦の優れたインターネットインフラのおかげだという。

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5