ゲーム

2021年、8本のスマホゲームの売上高が10億ドルを超える

先日、「Sensor Tower」から公開された情報データによると、2021年には8本のスマホゲームはApp StoreとGoogle Playで10億ドル以上の売上を獲得しており、その中には「テンセント」社の『王者栄耀』や『PUBG mobile』、「miHoYo」社の『原神』が含まれている。

『PUBG mobile』は『王者栄耀』と並んで、2021年の売上ランキングの1位と2位を占めている。2つのゲームの2021年の合計累計売上高は28億ドルで、前年同期比でそれぞれ9%増と14.7%増となっている。

売上ランキングの3位を占めているのは『原神』で、これまでに合計18億ドルの売上を獲得した。本ゲームは2020年9月28日に正式にリリースされ、メーカーである「miHoYo」社はリリース後にもずっと大量のアップデートコンテンツを提供し続けており、定期的に新しいマップ、キャラクターと機能を追加してプレイヤーを飽きさせないための工夫をしている。9月にリリースした2.1バージョンは更に沢山の好評を博しており、プレイヤーが毎週に原神を遊ぶ時間を5倍に増加させたとの事。『原神』はこれまで、App StoreとGoogle Playを通じて、世界で24億ドルの売上を上げている。

一方、4位の『Roblox』は今年のスマホでの売上が13億ドルで、前年同期比20.3%増となった。「Moon Active」社の『Coin Master』が第5位にランクインし、累計売上は13億ドルで、前年同期比13.8%増となっていた。

 

6位を占めているのは『Pokémon GO』で、2021年に12億ドルの売上を上げ、リリースから5年余りで最も売上高の高い年となった。

その他、「King」社の『Candy Crush Saga』は12億ドルの売上で7位、「Garena」社の『Garena Free Fire』は11ドルの売上で8位をそれぞれ占めていた。

また、2021年の終わりまでに、売上が10億ドルを超える第9本のスマホゲームが登場する可能性がある。例えば、「Cygames」社の『ウマ娘 プリティーダービー』の現時点までの売上高は9億6500万ドルに達しており、10億ドルを突破する可能性は十分にある。同ゲームは今年の2月にリリースされ、日本国内のみのリリースだが、そのポテンシャルは非常に高いと思われている。

昨年で売上高が10億ドルを超えたスマホゲームの数は5本で、今年の数字は昨年を大きく上回っていた。2021年に入ってから、スマホゲーム業界は2020年から大きな成長を遂げ、市場全体の売上は更に伸びている。「Sensor Tower」は、2021年末までに世界のスマホゲーム市場の売上高は896億ドルに達し、前年同期に比べて12.6%増になると予測している。

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5