ゲーム

2020年、中国産スマホゲームは日本での売上は180億人民元に達し、最大の海外市場となる

データ統計企業「SensorTower」2月1日に発表した「2020年中国スマホゲーム海外年度統計」によると、2020年、日本市場がアメリカ市場を抜いて中国産スマホゲームの海外売上1位の市場となった。

報告によると、中国のスマホゲームはいずれも過去1年間に日本市場で大幅に収益を伸ばした。年間ランキングのトップ30にランクインしたスマホゲームを例に取ると、2020年に日本市場は28億ドル(約180億人民元)の売上を上げ、2019年に比べて81%増となり、アメリカを抜いて中国産スマホゲームの海外収益が最も高い市場となった。

報告によると、中国のゲーム企業は欧米のゲーム企業よりも文化や審美面では日本のプレイヤーの好みに近いという。日本市場で運営・宣伝するコストが高く、競争が激化しているにも関わらず、日本のプレイヤーによる高額課金量と高いロイヤリティによって、金儲けを目的とする多くの企業を惹きつけている。

年間ランキングトップ30入りのスマホゲームの中には、長い間運営しているゲームが多数含まれている。例えば、ネットイースの『荒野行動』は日本でリリースされて既に3年になりますが、未だに日本App Storeのベストセラーランキングの2位にランクインしている。

最近、「ByteDance」に買収された「有愛互娯」が開発したスマホゲーム『放置少女』はずっと高い評価を維持していて、リリースから4年が過ぎても売上記録を更新し続けており、2020年の収益は2019年の2倍に達している。

一方、「MiHoYo」が開発した『原神』は2020年にリリースされてから僅か3ヶ月しか経っていませんが、過去二年間に海外月間売上トップを占めていた『PUBG MOBILE』の独占状態を破った。2020年の最後の三ヶ月で、『原神』はモバイル端末で3億9000万ドル(約25億人民元)の売上を上げ、年間売上ランキングの9位にランクインした。

『原神』は日本のApp StoreとGoogle Playの両方でベストセラーランキングのトップ15入りを果たし、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの前プレジデントである吉田修平氏も、『原神』のガチャ結果をTwitterにて公開している。

以上4つのスマホゲーム以外にも、日本で大きな売上を上げていた中国産ゲームは「友塔網絡」の『黒道風雲』、「上海悠星網絡」が運営する『アークナイツ』(Hypergryph)と『アズールレーン』(蛮啾)、「Happy Elements」の『あんさんぶるスターズ!!Music』、「4399」の『奇跡之剣』、「37互娯」の『江山美人』等があります。

ヤクザを題材にしたゲーム『黒道風雲』(日本版の名前は『極道風雲』)、宮廷闘争を題材にしたゲーム『江山美人』(日本版の名前は『日替わり内室』)、縦向きブラウザMMORPGゲームである『奇跡之剣(日本版の名前は『魔剣伝説』)』、この三つのゲームは広告枠とトラフィックを購入して宣伝をするという運営方針を取っていて、中国国内のスマホゲームである「伝奇」の運営方針に似ている。

『アークナイツ』と『アズールレーン』は日本市場で人気の二次元スマホゲームで、ジャンルはそれぞれタワーディフェンスと艦隊擬人育成シミュレーションゲームである。

『あんさんぶるスターズ!!Music』は「Happy Elements」の日本支社によって開発された女性向けのアイドル育成を題材にしたゲームで、「バンダイナムコエンターテインメント」の『アイドルマスターSideM』に似ている。ハイクオリティの3Dグラフィックと日本人好みのアートスタイルで、日本の若い女性を多く惹きつける事に成功した。

成熟した市場として、日本国内のゲーム企業の実力は侮れないが、このような環境の中で中国のスマホゲーム企業が群を抜いている事からも、中国国内のスマホゲーム業界がここ数年で大きく発展している事が伺える。

日本のプレイヤーは、世界で最も支払意欲が高いグループと言えるでしょう。Statistaの推算によると、日本のプレイヤーは2020年には年間ARPUが199.05(約1285人民元)に達し、世界第1位になると予想されている。

沢山の広告枠とトラフィックを購入、話題づくり等のやり方で、『黒道風雲』、『江山美人』、『奇跡之剣』等のクオリティはそれ程でもないゲームも、的確なターゲティングで独自の市場を獲得する事が出来る。

日本のベストセラーランキングから分かるように、日本のプレイヤーは主にRPG、アクション、シミュレーションと二次元等のジャンルを好む事が分かる。適切な運営会社を見つけ、ローカライズと市場調査をしっかりと行えば、中国産のスマホゲームは日本市場でも良い結果を出す事ができる。

 

 

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5