ゲーム

6月、「テンセント」からリリースされた『白夜極光』の海外での売上は1億元超え

Sensor Towerの最新情報データによると、2021年6月の海外市場における中国のスマホゲーム製品の売上高とダウンロード数はTOP30にランクインし、その詳細は以下の通り。

テンセントの『PUBG Mobile』は、6月の海外売上高は1億ドルを超え、前年同期比17.3%増となり、引き続き海外売上ランキングのトップを獲得した。トルコで行った適切な運営等のお陰で、今年に入ってから現地からの収入が急成長し、『PUBG Mobile』の海外市場ランキングでトルコは第2位の国となった。

今期のトルコ市場での売上は全体の17.6%を占めていて、アメリカの24%に次いで高く、日本(9.4%)やサウジアラビア(7%)を大きく上回っている。

二次元ゲームの分野においては、テンセントの新作ゲーム『白夜極光』が新たな成果を上げている。本ゲームは6月中旬に日韓、欧米、東南アジアなど多くの海外市場でリリースし、今期の売上は1700万ドルを超え、ランキングの23位にランクインした。沢山のヒット作がシェアを奪い合っている日本市場においても、本ゲームはリリース後の半月でスマホゲームのベストセラーランキングの11位にランクインし、集計期間中最も好調な海外スマホゲームとなっていた。

もう一つのゲーム、「三七互娯」が制作したシミュレーションスマホゲーム『末日喧囂』も昨年8月にリリースされて以来、好調な売上を維持している。今期の売上は3100万ドルを超え、11位にランクアップした。

IGG社の『王国紀元』は今期、海外市場で940万件近くのダウンロードを記録し、リリース以来月間で最高のダウンロード数を記録した。同時に、6月の海外へ進出したスマホゲームのダウンロードランキングでトップとなった。

「迷你玩科技」がリリースしたゲーム作品『迷你世界』のダウンロード数は370万に成長し、ランキング15位にランクインした。ブラジルとメキシコを代表としたラテンアメリカ市場は、引き続き同ゲームの海外でのダウンロード数が最も多い地域となっている。

2021年上半期に海外で最も収益を上げた中国のスマホゲームは、引き続き「テンセント」の『PUBG Mobile』で、前年同期比17.7%増の6億2400ドルとなった。「Mihoyo」の『原神』の海外での売上も6億ドルを超え、ランキング2位となっていた。

ランキングのゲームはいつもとあんまり変わっていないように見えるが、殆どのゲームの売上は伸びている。その中、IGGの『王国紀元』とFunPlusの『State of Survival』がそれぞれ前年同期比で119.3%と219.6%増となり、シミュレーションゲームの生命力を改めてアピールした。

全体的に見ると、ランキングにランクインした30本のゲームの上半期の海外売上高は59億4,000万ドルで、海外における中国のスマホゲームの売上高の16.1%を占めた。比較として、2020年上半期の中国スマホゲームの売上ランキングのTOP30の売上高は42.1億ドルで、同期間の海外スマホゲーム売上高全体の13.6%を占めている。

同時に、ランキングにランクインするハードルは5,400万ドルから7,700万ドルに引き上げられ、上昇幅は42.6%となって、海外のスマホゲーム市場全体の増加率(19.5%)を大きく上回っていた。その中でも、日本と米国からの売上は引き続き中国メーカーの主要な成長ポイントとなっている。

グローバル化した競争環境の中でも、中国のスマホゲーム産業の成長速度は他国のメーカーに比べて著しく進んでいる。

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5