ゲーム

『PUBG』の開発会社「Krafton」社、「Unknown Worlds」を買収

先日、『PUBG』の開発会社である「Krafton」社は、深海探索ゲーム『Subnautica』を開発した開発スタジオ「Unknown Worlds」を買収することを発表した。今回の買収により、「Unknown Worlds」が「Krafton」社の6番目のスタジオとなる。「Krafton」社によると、今回の買収により自社が保有するゲームIPを更に増やすことが出来、ゲーム事業のシェア拡大に繋がると予想される。

今回の買収が完了した後も、「Unknown Worlds」は独立した開発スタジオとして存続し、現在のメンバーと体制がそのまま維持されるという。継続的にアップデートされている『Subnautica』と『Subnautica:Below Zero』の他に、「Unknown Worlds」は現在新しいジャンルのゲームを開発していて、2022年に新タイトルの体験版をリリースする予定となっている。

「Unknown Worlds」社の創業者兼CEOである「Charlie Cleveland」氏は、「Unknown WorldsとKraftonは、ゲーム及びゲーム開発において強いつながりを持っています。『Subnautica』と『PUBG』の2つのゲームは、どちらも持続的なフィードバックとアップデートによって発展してきたものです。斬新的なゲーム体験をプレイヤーの皆様にお届けしたい、それが私達の最大の目標であって、将来をとても楽しみにしています」と述べた。

 

 

 

-ゲーム

© 2022 中国エンターテインメント通信 Powered by AFFINGER5